米国で個人売買で車を売る

さてさて、転職に伴い引っ越しをすることになった。
それにあたって、通勤用に使っていた米国では軽自動車といっても差支えのない、トヨタ(南北アメリカではレクサスに続く第三ブランドが過去にあり、Scionという)iQを手放すことにした。

米国で車を売っぱらうのには、いくつか方法がある。

  • 下取り(Trade)に出す

今回は買い替えではないので、これは使えない。

  • 中古車販売業者に買い取ってもらう

大小、チェーンの業者、地元経営などいろいろある。
まずは価格を調べてみる。
米国では車の価格サイトとして、
Kelley Blue Book | New and Used Car Price Values, Expert Car Reviews
というものがあり、年式・モデル、走行距離・装備・状態と地域を入力すると、おおよその相場がわかるのだ。
果たして大手の全国チェーン、Car Maxに見積もりを出してもらったが、相場より$1500ほど低い。

  • 個人売買

これもピンキリ。
Autotrader - page unavailable
のような、大手ウェブサイトもあるが、当然のように仲介手数料を取られる。
今回は個人売買情報サイトの
craigslist > sites
を使った。
ここにメーカー、モデル、車体番号(VIN)、走行距離、装備、希望価格などの情報を写真とともに掲載する。
すると匿名メールで購入希望者が連絡してくるのだ。

ここからは、個人売買の手順だ。

会う場所、時間を設定する

購入希望者と実際に会って車を見せ、試乗してもらう場所と時間を設定する。
怪しい人が来る可能性があるので、警察(シェリフやポリス)のオフィス前や、ショッピングモールの駐車場など、万が一の時に助けを呼べる場所・時間を設定する。

立ち合い者を探す

これは絶対ではないのだが、一人で会うよりは二人で会った方が安全だ。
今回は友人にお願いして、立ち会ってもらうことにした。

車を見せる、試乗してもらう

実際に会って車を見せるわけだが、米国の場合、車の整備状況などが
CARFAX™ - Shop, Buy, Own, & Sell Used Cars
で車体番号を使って確認することができる。
事前に自分の車のCar Faxを購入して購入希望者に見せると、車の情報を信用してもらえる。
試乗の際には、簡単な同意書(事故ったら責任はすべて取ってね)にサインしてもらおう。

価格交渉

これはもうただの交渉。
購入希望者はclaigslistの掲載価格より20%ほど下を指してきた。
これは事前に予想済み。
大体の場合、「本当にこれしかお金がありません」という額か、「掲載価格から10%下げたいからとりあえず20%下を指しておこう」なのだ。
筆者は自分の希望する価格より10%ほど上乗せした価格でcraigslistに掲載した。
交渉の結果、自分の希望価格で合意できた。

お金をもらう

登記書(Vehicle Certificate of Title)の裏書をして渡す

日本でいうところの車検証の裏に、売却する際の裏書をする欄があるので、走行距離、氏名を記入して、署名をして渡せば売買成立だ。

DMVに売却告知(a notice of a vehicle sale)を提出

筆者の住む州では、この後に車の登記を管理するDMVにウェブサイト経由で売却告知(a notice of a vehicle sale)をすれば、車の登記から自分の名前が抹消される。
車のナンバープレートの番号、登記番号(Title Number)、車体番号(VIN)が必要だが、買い手の情報は必要ない。


文章で書くとかなり面倒に見えるが、日本のやり方に比べると「え、これでおしまい?」というくらい簡単だった。


注意することとしては、個人売買の場合、かなり怪しい人も連絡してくることだ。
最初に連絡してきた人は「早く売れ」「$4,000でどうだ」「明日会えるか」など、短いメッセージを送りまくり。
「じゃぁ、ここで会おうね、ところでここはシェリフ・オフィスの前だからね」と送ったらち〇ち〇丸出しの写真を送ってきてくださって、音信不通。
最初から怪しかったので、向こうから下りてくれたのは、願ったりだった。
次のバイヤーはメッセージもちゃんと挨拶から始まる落ち着いた人。
会ってみると、かなり年上で、礼儀正しく明るい人。
いろいろと世間話もしながら交渉して、購入後には「こんな状態のいい車、売ってくれてありがとう」とわざわざお礼の電話をくれた。
個人売買はリスクもあるし、手間もかかるので、売価に見合わなければ、安くても中古車販売業者に売った方が楽だ。

EZ-USB - Keil uVison5

久々にEZ-USBの話題。
昨年夏に仕事で8051のファームウェアを書いていた。
その際に使っていたのがuVision5 IDE
あれ?聞いたことあんでね?
ということで調べてみたら、ARMがKeilを2005年に買収していたのだ。
EZ-USBを含む8051の開発の開発なんてEZ-USB FX2きりだったので、全然知らなんだ。
見た目がファンシー(スイーツ笑)なので、試してみることにした。
ダウンロードはこちらから。
基本的にはこの記事と同様にできるが、

  • Keilのパスが変わる(C:\Keil\C51\ -> C:\Keil_v5\C51)
  • "Project" -> "Components, Environment and Books"メニューが"Project" -> "Manage" -> "Project Items..."に変更

など、ちょこちょこ違いがあるので、注意。

そろそろ日本のテレビを海外で視聴したいーその3

さて前回のこれiOSAndroid端末でロケフリタイムシフトで日本のTVが見れるように=日本に設置したTV放送HDDレコーダーにどこからでもアクセスできるようになった。
家にいれば、大きなTVでみんなで見たいのが心情だ。
HDMI付きのAndoridタブレットでもつなごうかと思ったが、手ごろなものがなかった。
ついでだ、えいや、ということでお茶の間PCを導入することにした。
最初は前の勤務先に義理立てしてIntelのNUCを買おうかと思ったが、意外といいお値段がするのね。
ということで、AMDのこれを購入した。Windows 10 Homeが入った状態で送付されてきたが、何故かデフォルトユーザアカウントまで設定された状態で配達された。
ぶー、仕方なく初期化、再設定。
諸設定が終わったあとに、テレキングプレイとテレキングリモートを導入する。
www.microsoft.com
www.microsoft.com
どちらも前回同様に、インスコしたらレコーダーと同じネットワーク内(モバイルデータや外出先のWiFiではだめ)でアプリを起動して、"リモートサーバーの設定"をする。

設定したPCを海外の自宅に持ち帰ってTVにつなげば、皆で日本のTVをロケフリタイムシフトで見ることができる。

そろそろ日本のテレビを海外で視聴したいーその2

さて、お次はロケフリ、海外も含めた外出先でこのレコーダーにアクセスするための設定だ。
といってもこのレコーダは、専アプをAndroidiOSの端末にインスコすればよい。

デジオンの開発したDiXiMソリューションを採用」とのことなので、おそらくこのアプリはDLPAリモートアクセス対応のDiXiM PlayerのI-O DATA向けOEM版、ではないかと思われる。


インスコしたら、レコーダーと同じネットワーク内(モバイルデータや外出先のWiFiではだめ)でアプリを起動すると、勝手に同一ネットワーク内のレコーダーを探し出すので、あとは登録ぽちっとな。

こりだけ

試しに「放送中」から「地デジ」を選べば、地デジのチャンネルがリアルタイムで視聴できる。
録画をしたい場合には、「番組表」から選んでもよし、「予約リスト」を選んで「+」のボタンで時間とチャンネルを選んで予約してもよし。
筆者はおまかせ録画で、番組名とチャンネル指定をして予約をしている。

端末を持って外に出よう。
スタバのWiFiでもよし、モバイルデータでもよし。
アプリを起動すれば、レコーダーのあるネットワークと同様にリアルタイムでも録画した番組でも視聴できる。
海外からでもできる。
「良い、全てはこれで良い…」

そろそろ日本のテレビを海外で視聴したいーその1

米国での生活も5年を過ぎた。
この辺りは海外生活の長い方どなたに聞いても同じだが、日本で生まれ育った方は、海外に住んでいてもかなり日本の物資・文化に依存する。
購入できる"物"に関して言えば、幸いこの地には現地には戦前から始まった日本人経営のスーパーマーケットのチェーン店もあるし、インターネットな世の中、そこそこお金を出せばかなりのものは手に入る。
いざとなれば、実家からの仕送りも可能だ。
放送については、まだまだかなりドメだ。
ラジオはRaziko(Radikoでない)で視聴ができる。
テレビは、ケーブルテレビにテレビ・ジャパンというチャンネルがあり、人気のテレビ番組はうまく行けば翌日には見ることができる。
ただ全てのチャンネル、全ての番組がカバーされているわけではないし、先ほどの通り「そこそこお金」を出す必要がある。

日本にいたころには、地デジが始まったころからPCにTVチューナーを搭載して、見たい番組は(といってもそれほどはなかったが)片っ端から録画していた。
これをそのまま利用して、米国の自宅と日本の実家のVPNを敷いて、VNCリモートデスクトップでアクセスして録画設定して、WMPで録画番組を共有する、ということは可能なのだが、まんどくさくてやっていなかった。
他にもいろいろやっていらっしゃる方もあるし、月々いくらで提供されるサービスもある。
なんか、市販品で「買うだけ」でできるようなものはないかしら?
当然Slingboxが一番最初に挙がる。
ふむふむ、Slingboxを買って、いわゆるHDDレコーダーを買って、疑似リモートデスクトップのようなことをするのね、ふむふむ。
Slingboxを買って、いわゆるHDDレコーダーを買って」結構かかるのね。
一台でできるようなのは、ないかしら?

あった、あったよ、ありました。

HDDは2TBもあればよいかな。
インターネット接続は有線だけなのね、実家はオール無線だから、こいつとUSBチャージャーを買ってブリッジしよう。
BUFFALO 11n/a/g/b 300Mbps 簡単無線LAN子機 WLI-UTX-AG300/C

BUFFALO 11n/a/g/b 300Mbps 簡単無線LAN子機 WLI-UTX-AG300/C

今敷かれている同軸のアンテナ線を二股にするもの、地上波とBSの分波器などなどいろいろ小物もいるな。
出張で日本に帰るのに合わせて一括でkonozama購入して、実家に戻った夜から設定開始。

  • 無線LAN子機は、事前に別のPCなどを使用して、アクセスポイントにつながるようにしておく
  • HDDレコーダーの結線はほぼ見た通りなので、電源を投入する前にすべてつないでおく
  • 初回設定時には画面が必要なので、HDMIケーブルでTVに接続する
  • 電源を入れたら、TVの画面のウィザードに沿って進める
    • 海の向こうから見るので「ネットワークサーバー機能設定」は”使用する”
    • 「録画した番組の公開範囲設定」は”制限しない”

何の苦労もなく設定完了。
これで、三波トリプルチューナーのHDDレコーダーの設定が完了(本日はここまで)。